スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨季の狭間1

お久しぶりです。
狼陛下の花嫁のプチが近づいてますよ皆様!そして買い占めますよ~♪

ドキドキです、そして私も一冊本を作りました。
支部の方には載せております。
良かったら覗いてやってください。
また詳細等は後日載せときます←多分(^_^;)
ってかリアルが忙しくて…

でもSSは書いちゃった(^_^;)
続き物になってしまいましたが…(^_^;)
11巻あたりの所からです。
続きは気長に見守ってやってください。


ではどうぞ。
狼陛下と子犬陛下どれも偽りのない事を告げられ、挙げ句臨時花嫁バイトをクビにされてしまった。
下町に戻った夕鈴は何時もの様に元気一杯に日常を過ごしていた。
昼時台所で食材を並べ何を作ろうかと悩んでたが、ふと王宮のある方へ窓越しから見やる。

あの人は今日もちゃんと政務をやっているだろうか。
食事も睡眠も取っているだろうか等と。
もう、あの人にとっては関係無い事だろうけど…でも…心の中だけでもあの人の事心配させて…あの人は一人孤独だから…。

そんな事を思いながら、野菜を持ち作業に取りかかろうとした。

「あら?……大根が無い…買い物に行かないと。」

思い立って夕鈴は買い物に出掛ける。
何時もなら出てくるはずの浩大が現れないと言うことは、王宮に戻ったのかと気にも止めていなかった。
空は分厚い雲が覆い、何時雨が降って来ても可笑しくない天気であった。

「傘持っていった方が良さそうね、これだと…そうだわ、あの子が帰るとき雨でも降られては大変だわ。持っていってあげないと。」

夕鈴は青慎の傘を持って行く事にした。
この傘を持って行かなければ、あの出来事には多分出会う事もなかっただろう。



青慎の塾へ傘を届け終えた頃ぐらいからやはり雨が降り始める。
次第に雨脚も酷くなり人も足早に去っていく。次第に視界が悪くなり、少し雨宿りを余儀なくされた夕鈴は近くの軒下で身を寄せる。

何もこんなにも降らなくて良いじゃない…これじゃ買い物処では無いじゃないの。

まさかこんたどしゃ降りの雨が降るとは思いもしなかった夕鈴は、恨めしそうに雲を睨み付ける。

そんな時だった、ほんの微かな音が聞こえた。どしゃ降りの雨音の中。
夕鈴は何だろうと辺りを見回すが何もない、すぐ横に細い道がある。そこからかと思い、恐る恐る覗いてみた。
積み重ねの木箱等が有るだけだ。
やはり気のせいかと夕鈴は戻ろうとした。そんな時だった屋根から人の声と複数の足音が聞こえる。

「いたか!…」
「深傷を負っている…見つけ次第狼陛下を殺せ…」

え?!…今なんて…

物騒な言葉と誰が深傷を追っているのか夕鈴は目を見開き固まる。

何故あの人が狙われているの?一体何が…

どれくらい固まっていたか分からなかったが屋根の複数の足音が遠退いた事だけは分かる。

こうしては居られない、浩大に伝えなければ!

自分の家に戻れば浩大が居るはず。
傘を差さずに飛びだし、走り出そうとした夕鈴はふと立ち止まる。直ぐ横の道を見る。
先程の微かな音が気になってしかたがない、急がないといけないのはわかるのだが。
夕鈴は恐る恐る足を向け、重なった木箱の奥まった所に布を被った人が隠れる様に崩れている。
それが一体誰なのか即座に分かった夕鈴は慌て近付く。

「へ…陛下!陛下!目を覚まして!こんな所で倒れていたら体温が下がっちゃう!」

夕鈴が軽く頬を叩いて見るが反応がない。先程深傷がどうとか聞こえたのを思いだし、夕鈴は黎翔の外套を捲ると脇腹から負傷し出血が滲み出している。

どうしよう、追手もまた戻ってくるかもしれない…傷の手当もしないと!誰か…

その時だった、後ろから扉が開いた。

「だ、誰だ!って夕鈴ちゃん?」
「え?八百屋のお、おじさん?!」
「どうしたんだ?こんな雨の中!そっちの人大丈夫か?」
「おじさん!丁度良かった!お願いこの人怪我してるの!助けて。」
「なんだって!」

そう言って倒れている黎翔を担ぎ建物中に運ぶ。
黎翔が倒れていた場所には血がかなり流れていたのだった。

続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(゚Д゚;)

ちょ、傷口押さえておきますからっ。
早く続きをっ!←

Re: (゚Д゚;)


あささん!布を沢山持ってくるから!←
続きもうちょっと待ってね~合間合間に書いてるからん♪
展開は進んでないけど(^_^;)
頑張る~。
月の砂へ
プロフィール

宇佐美

Author:宇佐美
ようこそお出でくださいました。
宇佐美の趣味のblogへ、ようこそ!
狼陛下の花嫁(黎夕)の二次創作を亀の様に更新しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。