スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無明の迷い道1 (黎夕)

LaLa九月号の話を色々聞いていたせいで仕事中ネタが降って来ました~汗
しかも続き物ってオイ・・・汗
三年ぶり書き出したので文章ボロボロですが許してください。
しかもかなりトロイので続き何時になるかごめんなさい~!!!
地方の視察も滞りなく…って訳でもなかったがなんとか無事に帰路に向かう私臨時花嫁をしている汀夕鈴は馬車の中で未だゆっくりと出来ないでいた。

それは一緒に同席している、狼陛下こと泊黎翔があの手この手と臨時バイトの私にちょっかいをしてくるんだもの。

しかも度を過ぎて仕舞に陛下が私を膝の上に座らせてぴったり密着してるんです!!

私の心臓は幾つあっても持ちませんってくらい心音が漏れていないかとひやひやものなのに~っ!!

少しでも離れようものなら陛下の大きな掌がするっと引き寄せてくるんですよ!!!

一体私が何したって言うんですか、…そりゃ、視察先で大人しくしていなきゃいけないのに、農村のトラブルに首突っ込んじゃったり。

後庶民の姿で居たもんだから何故かここでの移住話も出たりでその時の李翔さん(陛下)間違いなく狼陛下になっていたし、あの時はどうなるかと思ったけど。

でも!最後のは私のせいでは無いわよね!なのにどうして今も狼なんですか~。

「どうした妃、先程から何も話さないのは何かあったか?」

キャァァァ!!!ちょっとへっ陛下何を!!!/////

さらりと狼の顔で夕鈴の頤をそっと沿え、自分の方に向けさせたのだから夕鈴の顔は赤面して何時ものお妃スマイルなんてものはすっ飛んでいた。

「へ、陛下!!!顔近いです!!それに、私なんかしました???ここ馬車の中なんですからっ!狼で無くとも…」

「・・・・。そうだけど君こそさっきから僕の事見ようとしないよね。」

あ、子犬に戻った。

ホッと夕鈴は緊張をが緩み、さり気なく陛下の膝から降りて向かいの椅子に座る。

その仕草に黎翔はちょっと残念そうに夕鈴を見る。

当の本人は全く気が付いていないが。

「そんな事無いですよ、ただ陛下が機嫌悪そうだったから・・・・」

そんな訳じゃないのよ、貴方の狼であると私の動悸が急上昇して惹かれていますってバレるんじゃ無いだろうかと思ったんですよ。なんて言える訳無いじゃない。あ、ちょっと凹んじゃったかしら。

「あの農村本当色々作物や旬なもの沢山ありましたね。しかも色々薬草とかも手に入ったし♪青慎に病気や怪我しても安心ですしね。」

「君は・・・・弟君思いだね。」

「はい♪青慎には苦労ばかり掛けてますからね。あんの馬鹿父のせいで・・・」

怒りが込みあがってきたのか夕鈴の顔は百面相と化していた。

僕の為じゃないんだ…でもそんな夕鈴は本当何時もの夕鈴だね、見てて楽しいよ。君には申し訳ないけど手放す気はないから。

黎翔は夕鈴の行動を見ながら微笑んでいた。

だかスッと冷たい瞳に変わり、辺りの気配を研ぎ澄ます。

「へ、陛下?きゃっ!」

勿論夕鈴は黎翔の気配を感じ話を辞めどうしたのかと尋ねたと同時に馬車が大きく揺れる。

「夕鈴!床にしゃんがんで!浩大状況は!」

「わりっ!団体様がこの馬車を囲んでる!後この馬車の御者グルだったみたい!今俺様と相手中~」

「チッやはり帰路を狙って来たか。夕鈴!」

黎翔の反対側の扉から刺客が入り込み近くに居た夕鈴にめがけ剣を振り下ろそうとした瞬間黎翔は咄嗟に蹴り上げ外に振り落とす。

夕鈴は目を瞑りながら叫ぶことも無く状況は分かっていなかった。

手をさし伸ばし抱き寄せ死角になるように屈み込むそうしなければ、次は無数の矢がこちらに向けて放ってくるのだ。夕鈴は黎翔の服を握り締めるだけしか出来ない。

「どうして…」

「浩大の言葉だと僕達の馬車は奴等の罠で団体からそれてしまったんだろう…このままじゃここも持たないだろ」

「陛下?」

「しっかり捕まって舌を噛まないようにね、夕鈴。」

「え?!」

言うと同時に黎翔は夕鈴を抱きかかえそのまま馬車から飛び出した。

飛び出した景色は無数の矢がこちらに向かって放たれているのが見え、きつく目を瞑り黎翔の服をきつく掴む。

即地面に叩き付けられることも無く浮遊感を感じた夕鈴は、チラッとまた目を開けるとどうやら飛び出しだ下は崖だった。

木々のぶつかる音が聞こえそのまま森の自然の中に黎翔と夕鈴は姿を消した。






つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月の砂へ
プロフィール

宇佐美

Author:宇佐美
ようこそお出でくださいました。
宇佐美の趣味のblogへ、ようこそ!
狼陛下の花嫁(黎夕)の二次創作を亀の様に更新しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。